大和証券CM、DeNAの海外の収益寄与は早くて年度後半-中期的な期待は大きい

大和証券キャピタルマーケッツ(CM)は、5月2日付けのレポートで、ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>の海外展開について、当面は極めて重層的な準備の時期に入ったとし、業績への寄与は早くても今年度後半以降になる、との見方を示している。 国内のライバル事業者や海外のWEBサービス業者と競合していく部分があるものの、(1)共通プラットフォームを軸とした展開や、(2)内部統合進展中の米国パートナーの存在がDeNAの強みとなる可能性が高いと指摘。海外展開による中期的な業績拡大期待は大きいと考えているという。 大和証券CMでは、DeNAの業績予想について、2012年3月期の営業利益を643億円から584億円に、2013年3がつっきを657億円から610億円に減額修正。投資コストを勘案したためで、海外の収益は反映されてないとのこと。レーティングも「買い(1)」から「アウトパフォーム(2)」に引き下げた。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る