ミクシィ株が上場来高値を更新…『モンスト』の中国展開やGoogle Play売上首位を好感

ミクシィ<2121>株が、株式上場の翌2007年につけた上場来高値を実質的に更新した。7月28日の東京株式市場では主力モバイルゲーム『モンスターストライク』の中国展開に対する期待感が蒸し返され、一時は4670円まで上昇。2007年につけた上場来高値の4200円(株式分割を考慮)を上回った。7月29日もストア売上ランキングでの首位獲得を好感した買いが広がり、5000円の大台を突破した。

ミクシィは2006年に東証マザーズ市場に上場。国産SNSの雄として株式市場からの期待も高く、2007年後半にかけて人気化していた。その後は、業績も伸び悩み、株価も低迷。ところが、2013年にリリースした『モンスターストライク』がヒット作となり、株価も急激に上昇。6年半前につけた上場来高値を上回った。

2014年7月29日午前の株価は、前日比650円(14%)高い5260円まで上げた。今年6月の株式分割後では初の5000円台となる。

ガンホー<3765>の『パズル&ドラゴンズ』がメンテナンス中の合間を縫って、App Storeで『モンスターストライク』がまたもや首位を獲得(関連記事)。さらに本日、App Storeよりも長めの期間の順位を示しているとされるGoogle Playでも、初めて売上首位を獲得(関連記事)し、市場の業績期待が高まった。

昨年の話だが、ガンホーも『パズル&ドラゴンズ』のヒットを受けて、2005年につけた上場来高値を更新した。スマートフォンの急速な普及と、ネット上の決済・流通インフラの整備という環境変化が進むなか、対応に成功した過去の人気企業が続々と息を吹き返している。
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1180億9900万円、営業利益160億6900万円、経常利益170億2600万円、最終利益102億6200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2121
企業データを見る