ガンホー、新作タイトル10本を進行中…9月までに新作1本をリリースへ 『LET IT DIE』はPS4版と連動するスマホゲームを提供予定

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は7月29日に開催した決算説明会で、新作10タイトルの開発・企画を進行中だと明かした。第3四半期(7~9月)中に、『パズル&ドラゴンズ』の大型アップデート「パズドラW」とは別に、完全新作タイトルを1本提供予定だという。

また、グラスホッパー・マニファクチュアが開発、ガンホーが発売元を担当するPlayStation4(PS4)向けオンラインアクションゲーム『LET IT DIE』について、PS4版と連動するスマートフォン向けゲームを提供する予定であることも明かした。『LET IT DIE』は2015年に配信開始予定で、基本プレイ無料のアイテム課金型ゲームとなる。スマホ向けゲームは、単独でも遊べるゲームになるという。

ガンホーの森下一喜社長は「スマートフォンゲームだけでなく、コンシューマーゲームでコアユーザー獲得も目指していく」と話していた。
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高1055億0500万円、営業利益276億4900万円、経常利益289億8500万円、最終利益190億2200万円(2022年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3765
企業データを見る