gumi、2014年4月期の売上高は倍増の111億円…最終損益は赤字継続 『ブレイブフロンティア』を提供するエイリムも最終赤字

モバイルゲーム大手gumiの第7期(2014年4月期)決算公告が、8月1日付の官報に掲載された。売上高は前期比2倍の111億円に膨らんだ。営業損益は3億円の赤字(前期は10億円の赤字)、経常損益は3.4億円の赤字(同11億円の赤字)、最終損益は3.1億円の赤字(同12億円の赤字)と、赤字幅は縮小した。売上高は成長したが、原価や販売費及び一般管理費といったコストも膨らんでいる。

同社は『騎士道』など「道」シリーズのほか、『幻獣姫』『ドラゴンジェネシス』といったソーシャルゲームを提供。gumiの単体決算にどの程度寄与しているかは不明だが、この期は子会社エイリムの提供するスマートフォン向けRPG『ブレイブフロンティア』が、国内だけでなく北米でもヒットタイトルに成長した。
 

そのエイリムの2014年4月期は、1550万円の最終赤字だった。ほかの子会社をみると、「幻獣姫」など一部タイトルの開発と運営を担当するgumi Westが2758万円の最終黒字、投資事業を担当するgumi venturesが1567万円の最終黒字、Fenrisは213万円の最終黒字だった。
 
株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
・売上高:186億2800万円(前の期比6.0%減)
・営業利益:15億1400万円(同32.0%減)
・経常利益:60億7100万円(同185.7%増)
・最終利益:18億3500万円(同4.4%増)
上場区分
東証1部
証券コード
3903
企業データを見る
株式会社エイリム
http://www.a-lim.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイリム
設立
2013年3月
代表者
代表取締役社長 髙橋 英士
決算期
4月
企業データを見る