メディア工房のゲームブランドOBOKAIDEM、『みどりのほし』のAndroid版を配信開始…iOS版は世界累計100万ダウンロードを達成


メディア工房のゲームブランドOBOKAIDEMは、PUMOとの共同事業である放置系エコゲーム『みどりのほし』のiOS版が世界累計100万ダウンロードを達成したこと、さらに、6月25日にAndroid版の配信を開始したことを明らかにした。Android版は世界11言語(日、英、繁、簡、西、仏、独、露、泰、韓、アラビア)のローカライズ対応も順次行なわれる。

『みどりのほし』は、荒れ果てた惑星に緑を蘇らせることを目指す放置系エコゲーム。癖になる独特のキャラクターと画面演出のもと、手間いらずにいつでも、ちょっとずつ楽しめるやりこみ度が好評を呼び、日本の倍近いユーザー数を持つ米国を筆頭に、世界中のゲームユーザーから熱い支持を集めている。

そして、開発・運営を手掛けるPUMOと、全世界向け配信ノウハウと経験を持つOBOKAIDEMの業務提携が進んだことにより、多くのユーザーより要望のあったAndroid版の早期リリースが実現できたという。 
 
 
 

■第一弾タイトル新感覚ドバドバ系パズルゲーム『BOOST BEAST』大型アップデート
OBOKAIDEMの第1弾タイトルである『BOOST BEAST』は、6月11日に行なった大型アップデートにおいて、エリア追加の熱い要望に応え、ゾンビに冒された東京を舞台にした新エリアを追加したほか、新型のお助けキャラを追加することで、ゲーム性の大幅な改善を図っていくとしている。なお、今後も概ねマンスリーでエリア追加が予定されている。
 
 
 

■『みどりのほし』
 

Google Play



■『BOOST BEAST』
 

App Store

Google Play



(C) OBOKAIDEM (C) PUMO
株式会社メディア工房
https://www.mkb.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社メディア工房
設立
1997年10月
代表者
代表取締役社長 長沢 一男
決算期
8月
直近業績
売上高17億9800万円、営業損益900万円の赤字、経常損益1800万円の赤字、最終損益1億4900万円の赤字(2020年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3815
企業データを見る