タカラトミーエンタメディア、15年3月期は3億6300万円の最終赤字に

タカラトミー傘下でモバイルコンテンツ事業などを手掛けるタカラトミーエンタメディアの第15期決算公告が6月30日付の『官報』に掲載された。2015年3月期の最終損益は3億6300万円の赤字となった。前の期は、7000万円の黒字だった。

同社は、タカラトミーグループのキャラクターを活用したゲームアプリなどの提供を行っているほか、キャラクタープロデュース、マーケティング支援などを行っている。スマートフォンアプリでは、HEROZと共同で『トランスフォーマー ULTIMATE ALLSTARS』などを配信している。

なお、親会社のタカラトミー<7867>は、昨年7月、同社のアドコミュニケーション部で実態の伴わない取引により、不適切な会計処理が行われていた旨の発表を行っており、タカラトミーの2015年3月期の連結損益計算書で「不正関連損失」2億1400万円を特別損失として計上していた。

【関連記事】
タカラトミー、子会社タカラトミーエンタメディアで不適切な会計処理があったと発表 純利益で最大6億円の減額となる見通し

 
株式会社タカラトミー
http://www.takaratomy.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社タカラトミー
設立
1953年1月
代表者
富山幹太郎/ハロルド・ジョージ・メイ
決算期
3月
直近業績
売上高1499億円、営業利益24億円、経常利益20億円、最終損益18億円の赤字(2015年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
7867
企業データを見る