メディア工房、採掘アクションゲーム『PICK-XELL』を約140ヶ国で配信開始 ドット画や8bitのサウンドなどレトロな雰囲気が特徴


OBOKAIDEM(メディア工房<3815>)は、採掘アクションゲーム『PICK-XELL』を、本日12月10日より約140ヶ国に向け、11言語(日本語/英語/スペイン語/中国語(簡繁)/韓国語/ポルトガル語/フランス語/ドイツ語/ロシア語/タイ語)対応で配信を開始した。

『PICK-XELL』は、画面の左右をタップするだけのシンプル操作で、地中深くに穴を掘り進めることを目指すゲーム。プレイヤーは「ジェム」と呼ばれるお宝をゲットしながら、穴掘りの邪魔をする「ドクロ」を回避し、各ステージのミッションクリアを目指す。何処までも掘り進められるエンドレスモードも選択でき、世界中のユーザーとスコアを競うことも可能だ。ドット画や8bitのサウンドなどレトロゲームの雰囲気をまとう、空き時間にゆるく“やりこめる”カジュアルゲームとなっている。



▲可愛いキャラをゲットし掘り進め!


▲ジェム(お宝)を獲得しながら、 ドクロを避けてプチプチ採掘。


▲BONUS TIME爽快すぎる!!


▲集めたジェムを使って装備購入! パワーアップしてクリアを目指す。


▲ゲームをたくさん遊ぶと、 個性豊かなキャラがゲットできる!


■関連サイト
 

App Store

Google Play



© OBOKAIDEM © Glasshead
株式会社メディア工房
https://www.mkb.ne.jp/

会社情報

会社名
株式会社メディア工房
設立
1997年10月
代表者
代表取締役社長 長沢 一男
決算期
8月
直近業績
売上高17億9800万円、営業損益900万円の赤字、経常損益1800万円の赤字、最終損益1億4900万円の赤字(2020年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3815
企業データを見る