日本ファルコム、1Qは売上高45%減、営業益64%減と大幅減収減益…ライセンス部門の売上高が57%減に 『イースⅧ』を鋭意製作中!

日本ファルコム<3723>は、2月10日、2016年9月期の第1四半期(10~12月)決算(非連結)を発表、売上高3億4000万円(前年同期比45.4%減)、営業利益1億5100円(同64.7%減)、経常利益1億5200万円(同64.4%減)、四半期純利益1億600万円(同61.9%減)と大幅な減収減益となった。
 

各部門ごとの状況は以下の通り。

①製品部門…売上高1億5100万円(前年同期比16.1%減)
PS Vita向けゲームソフト『東亰ザナドゥ』(2015年9月発売)の販売が継続しているほか、『イース』シリーズ最新作『イースⅧ-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)』を鋭意制作中。

②ライセンス部門…売上高は1億8900万円(前年同期比57.2%減)
PS Vita向けゲームソフト『英雄伝説 空の軌跡SC Evolution』を2015年12月に発売しました。また、『ファンタシースターオンライン2』(セガゲームス)や『太鼓の達人 Vバージョン』(バンダイナムコエンターテインメント)などのゲームタイトルとのコラボレーション企画を展開した。

さらに、旧タイトルのPCゲーム英語版ダウンロード販売のほか、北米で携帯型ゲーム機PS Vita向けゲームソフト『英雄伝説 閃の軌跡』英語版を発売し、アジア地域においては、『英雄伝説 空の軌跡FC Evolution』繁体中国語版及び韓国語版と『イース セルセタの樹海』繁体中国語版及び韓国語版を発売した。

■通期予想は据え置き
なお、2016年9月期通期の予想については、従来予想から変更なく、売上高17億円(前期比7.9%増)、営業利益7億円(同1.0%増)、経常利益7億円(同1.0%増)、当期純利益4億6900万円(同2.8%増)の見込み。
 

 
日本ファルコム株式会社
http://www.falcom.co.jp/

会社情報

会社名
日本ファルコム株式会社
設立
1981年3月
代表者
代表取締役社長 近藤 季洋
決算期
9月
直近業績
売上高24億9600万円、営業利益13億4900万円、経常利益13億5200万円、最終利益8億7500万円(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3723
企業データを見る