JPモルガン、グリーを格下げ-今後は海外展開に注視

JPモルガン証券は、6月16日付のレポートで、グリー<3632>について、過去3四半期、自社制作ゲームの発売やオープンプラットフォーム戦略の成功で堅固な成長を示したものの、営業増益率については2011年4-6月期の前年同期比73.3%をピークとして、その後は低下するとの見方を示した。 レポートによれば、会社側は、フィーチャフォンからスマートフォンへのシフトにより、広告サービスやゲーム以外のコンテンツを構築することでARPUの押上げを図っているものの、主力のゲームコンテンツ市場が今後12ヶ月間で飽和すると予想されるため、前年比での伸びが減速することは避けられない、とのこと。 グリーのスマートフォン版「GREE」のARPUは、フィーチャフォンの平均的なユーザーARPUと同水準である模様とし、「リッチメディアであるということだけで、ユーザーアクティビティが活発化し、ARPU が増加する、というわけにはいかないようだ。」と指摘している。 JPモルガンでは、グリーの投資判断について、「Overweight」から「Neutral」に引き下げており、投資判断を見直すためには、今後、グリーの成長の鍵を握るOpenFeintなど、海外展開による収益機会の確度の高まりを確認したい、としている。
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3632
企業データを見る