【G-STAR 2016】「レゴ」ブロックの世界観を活かして作られた3DアクションRPG『LEGO Quest & Collect』プレイレポ&開発者インタビュー

 
2016年11月17日(木)~20日(日)の期間、韓国釜山広域市のBEXCO において開催された、韓国最大のゲームショウ「G-STAR2016」。本稿では、全世界で愛されている「レゴ」を題材にしたモバイルRPG『LEGO Quest & Collect』のプレイアブルレポートと、開発者インタビューをお届けしていく。

 

■「レゴ」特有の世界観をモバイルで表現

 

 
2017年上半期に韓国で配信開始予定の『LEGO Quest & Collect』は、Warner Bros. Interactive Entertainmentの連結子会社であるTT Gamesと開発および配信契約を締結し、ネクソンが開発を手掛けるモバイルRPG。「ブロックワールド」を舞台に人気「レゴ」シリーズのキャラが登場する本作では、簡単な操作性とシンプルな育成システムで幅広い層のプレイヤーが楽しめる作品となっている。「レゴ」特有の可愛らしさをUnreal Engine4で実現しているほか、「レゴ」ブロックで作られた建物のジオラマなど、オリジナリティあふれるコンテンツを搭載している。
 

 

■『LEGO Quest & Collect』を実際にプレイ

 
『LEGO Quest & Collect』は、3体のキャラを切り替えながら敵を撃破し、クエストをクリアしていく3DアクションRPGだ。キャラはタップで指定した場所にオートで移動するほか、敵を発見して近付くと自ら攻撃を仕掛けてくれる。そのほか、キャラにはそれぞれジョブのようなものがあり、特徴の異なる技が使用できた。また、技は連続して使用することができず、使用後はウェイトタイムが必要なようだ。
 
ホーム画面からクエスト画面まで、作中に見られるレゴブロックの装飾や仕掛けが「レゴ」の世界観をより際立たせており随所にこだわりが感じられた。
 


 

■「レゴ」の創造性やユーモアを活かした作品に

 

▲左から順に、ネクソン 事業室長のナ・スンギュン氏、ネクソン ディレクターのソン・グンウク氏、The LEGO Groupのシニアプロデューサー・Micki Fjeldgaard氏、TT Gamesのシニアプロデューサー・Vincent Grogan氏。
 
ここからは、TT Gamesのシニアプロデューサー・Vincent Grogan氏、The LEGO Groupのシニアプロデューサー・Micki Fjeldgaard氏、ネクソン ディレクターのソン・グンウク氏、ネクソン 事業室長のナ・スンギュン氏への、メディア向け合同インタビューの内容をお届け。
 
最初の質問では、これまでもTT Gamesを通じて「レゴ」を題材にしたコンソールゲームを開発してきたという経緯のもと、今回モバイルでプロジェクトを発足したきっかけを問われたソン氏は、「従来のRPGとの差別化としてレゴを採用し、そのうえでPCやモバイルの経験が多いネクソンと協力することになりました」と明かした。本作では、ネクソンがサービスしているRPGのノウハウを活かしながら、レゴ」ならではの楽しさを提供していくとのこと。
 
また、本作では特にレゴ」の持つ創造性やユーモラスな点を表現することに注力しているという。戦闘やキャラの強化、ジオラマを実装し、自分好みのアイテムを集めることで満足感を得られるよう各コンテンツに「レゴ」の特徴を反映しているとのこと。Vincent氏は「今回、3社が協力関係を構築し、互いに勉強・発展していけるチャンスだと思っている」とコメントした。
 

 
さらに、市場への売り込み戦略としてはIPの認知度の高さに期待していると言及。「レゴ」のことを知らないユーザーについては、シンプルに楽しめる設計にすることで広い年齢層、グローバルにも対応していくと展望を語った。
 
現在の進捗については、70%ほど完成しているとのこと。エンドコンテンツの部分が実装されていないため、従来のRPGに搭載されているようなモードを今後のアップデートで追加していきたいとした。なお、今はシナリオモードで「レゴ」らしい面白さを追求することに注力している段階であるとのことだ。
株式会社ネクソン
http://www.nexon.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ネクソン
設立
2002年12月
代表者
代表取締役社長 オーウェン・マホニー/代表取締役CFO 植村 士朗
決算期
12月
直近業績
売上収益2744億6200万円、営業利益915億4100万円、最終利益1148億8800万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3659
企業データを見る