【モバイルファクトリー決算説明会②】新作『レキシトコネクト』は「『駅メモ!』に及ばないタイトルに」(宮嶌氏) 2Qで早期の減価償却を実施


モバイルファクトリー <3912> は、7月21日、東京都内で決算説明会を開催した。説明会では、同社の宮嶌代表取締役CEOが今回発表された2017年12月期第2四半期(1~6月)決算における注目のポイントを説明した後、質疑応答が行われた。今回はその中から同社が今年3月15日にリリースした新作位置情報ゲーム『レキシトコネクト』についての話題を取り上げたい。

同社の持つ位置情報ゲームのノウハウを全て注ぎ込むなど期待の高かった『レキシトコネクト』だが、「残念ながら『駅メモ!』に及ばないタイトルにとどまっている」(宮嶌氏)とのこと。そのため、売上高・KPIから見て早期償却すべきという判断に基づき、この第2四半期で早期の減価償却を実施した。この減価償却費の増加が業績の四半期推移(QonQ)での減益の一因となっている。

なお、早期にサービスを閉じるということではなく、リソースを好調な『駅メモ!』に振り分け、『レキシトコネクト』は「リソースは下げて運用していく」(同)としていた。

 
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高28億5500万円、営業利益8億6300万円、経常利益8億6600万円、最終利益5億8200万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3912
企業データを見る