日本一ソフト、第1四半期の営業利益は28%増の2億0400万円…『魔界戦記ディスガイア5』が好調、国内外で販売が10万本突破

日本一ソフトウェア<3851>は、本日(8月10日)、第1四半期(4~6月)の連結決算を発表し、売上高13億3400万円(前年同期比16.1%増)、営業利益2億0400万円(同28.7%増)、経常利益2億2900万円(同68.0%増)、最終利益1億5900万円(前年同期800万円の赤字)だった。

 


同社では、3月に国内版、5月に海外版を発売した『魔界戦記ディスガイア5』(Nintendo Switch専用ゲームソフト)が国内、海外合わせて販売本数10万本を突破するなど、好調に推移しているという。

また、7月にスマートフォン向けアプリ『魔界ウォーズ』の告知を行うなど、コンシューマーゲームの開発だけでなく、スマートフォン向けアプリの配信に向けた取り組みを進めているという。

このほか、PlayStation Network及びSteamを通じたダウンロードコンテンツの配信、他社が配信するオンラインゲームとのコラボレーション、ゲームソフトの受託開発、カードゲームショップ「プリニークラブ」の運営を行った。


 
■2018年3月期の見通し

2018年3月通期の見通しは、売上高41億7200万円(前期比22.4%増)、営業利益4億0900万円(同11.7%増)、経常利益4億4400万円(同25.3%増)、最終利益2億6800万円(同97.6%増)を見込む。

 
株式会社日本一ソフトウェア
https://nippon1.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社日本一ソフトウェア
設立
1993年7月
代表者
代表取締役会長兼社長 北角 浩一
決算期
3月
直近業績
売上高57億1600万円、営業利益15億6600万円、経常利益16億8800万円、最終利益12億7300万円(2022年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3851
企業データを見る