ガンホー、3Qは売上高19%減、営業益22%減と大幅減収減益 主力の『パズドラ』の売上高が減少 QonQでも2四半期連続の減収減益に(グラフ追加・追記)

ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>は、10月31日、2017年12月期の第3四半期(1~9月)累計の連結決算を発表、売上高699億9600万円(前年同期比19.9%減)、営業利益281億7500万円(同22.9%減)、経常利益281億3200万円(同22.1%減)、四半期純利益179億3900万円(同22.6%減)と大幅減収減益での着地となった。
 

主力ゲームである『パズル&ドラゴンズ』(以下『パズドラ』)の売上高が減少したことから、対前年同期比で減収となった。このような状況の中、「新規価値の創造」に向け、グローバル配信を前提とした新作ゲームの開発および既存ゲームのMAU(月に1回以上ゲームにログインしている利用者)の維持・拡大に向けた取り組みに注力した。

『パズドラ』は、引き続き長期的に楽しんでもらうことを主眼に、新ダンジョンなどの追加やゲーム内容の改善、他社有名キャラクターとのコラボレーションなど、継続的にアップデートおよびイベントを実施した。その結果、国内においては2017年7月に4,600万ダウンロードを突破し、北米においては2017年9月に1,200万ダウンロードを突破した。また、『パズドラレーダー』は、2017年8月に500万ダウンロードを突破し、2017年10月にはプレイヤー同士がオンラインで対戦することができる「対戦モード」を実装した。

スマートフォン向けパネルRPG『ディバインゲート』は、2017年9月に新たなストーリーが始まった『ディバインゲート零』のサービスを開始した。プレイステーション4向けオンラインアクションゲーム『LET IT DIE(レット イット ダイ)』は、他社ゲームとのコラボレーションや新キャラクター・アイテムなどの実装、遊びやすさの改善、プロモーションでは動画の配信や2017年9月に開催された「東京ゲームショウ2017」への出展など、世界規模でユーザー層の拡大および継続的に楽しんでもらうための取り組みを継続した。

■QonQでは2四半期連続の減収減益
業績を四半期推移(QonQ)で見てみると、第3四半期期間(7~9月)の売上高は前四半期比11.1%減の208億4000万円、営業利益は同6.1%減の87億3700万円、経常利益は同5.8%減の87億8300万円、四半期純利益は同0.9%減の59億600万円となった。
 

なお、2017年12月期の業績予想は非開示。コンテンツ関連の新規性の高い事業を展開しており、短期的な事業環境の変化が激しいことなどから、業績の見通しについては適正かつ合理的な数値の算出が困難であるため、としている。
 
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
http://www.gungho.co.jp/

会社情報

会社名
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
設立
1998年7月
代表者
代表取締役社長CEO 森下 一喜
決算期
12月
直近業績
売上高1046億2600万円、営業利益358億200万円、経常利益336億2900万円、最終利益228億8300万円(2021年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3765
企業データを見る