【モバイルファクトリー決算説明会速報】新作ゲームタイトルの開発は現在「作っていない」(深井取締役) 既存の『駅メモ!』を伸ばすことに集中


モバイルファクトリー <3912> は、10月19日、東京都内で第3四半期の決算説明会を開催した。説明会では、同社の宮嶌CEOがブロックチェーン関連の取り組みの進捗状況を説明し、深井取締役(写真)が今回発表された2018年12月期の第3四半期決算の説明を行った。今回はその中から同社の現在の収益源である位置情報ゲームに対する同社の方針について取り上げたい。

主力タイトルである『ステーションメモリーズ!』(以下『駅メモ!』)がDAU(日次アクティブユーザー数)で過去最高を更新するなど好調を持続しているが、これに続く新作ゲームタイトルについては、現在「作っていない」(深井氏)とのこと。新作を作ってもヒットさせるのが難しい環境にあるとし、それよりも既存タイトルの『駅メモ!』を伸ばすことに集中しているという。

また、ブロックチェーン関連サービスでの開発に大きくリソースを割いていることも、ゲームにおけるこうした戦略に影響を与えているものと思われる。
株式会社モバイルファクトリー
http://www.mobilefactory.jp/

会社情報

会社名
株式会社モバイルファクトリー
設立
2001年10月
代表者
代表取締役 宮嶌 裕二
決算期
12月
直近業績
売上高31億4400万円、営業利益8億6400万円、経常利益8億6500万円、最終利益5億5800万円(2022年12月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3912
企業データを見る