【速報1】東映アニメ、19年3月通期の営業益予想を120億円→150億円に上方修正 『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』の好調を受けて

東映アニメーション<4816>は、本日(1月28日)、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』などの好調を理由に、2019年3月通期の連結業績予想を上方修正した。売上高を480億円から535億円、営業利益を120億円から150億円、経常利益を123億円から153億円、最終利益を85億円から102億円にそれぞれ引き上げた。

従来予想からの修正率は、売上高が11.5%増、営業利益が25.0%増、経常利益が24.4%増、最終利益が20.0%増となる。

 


同社では、バンダイナムコエンターテインメントとアカツキの提供する『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』をはじめとする各種ゲーム化権販売が前回発表時の見通しを上回って好調に推移した、と説明している。続く第4四半期(1~3月)においても、国内外のゲーム化権販売が好調に推移することが見込まれる、としている。
東映アニメーション株式会社
http://corp.toei-anim.co.jp/

会社情報

会社名
東映アニメーション株式会社
設立
1948年1月
代表者
代表取締役社長 高木 勝裕
決算期
3月
直近業績
売上高515億9500万円、営業利益155億300万円、経常利益160億4000万円、最終利益110億6700万円(2021年3月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
4816
企業データを見る