バンナムHD、第3四半期のネットワークエンターテインメント事業は増収増益 「ソウルキャリバー6」やリピート販売、国内新作など家庭用ゲームが貢献



バンダイナムコホールディングス<7832>は、本日(2月6日)、第3四半期累計(2018年4~12月期)の連結決算を発表し、ゲームソフト事業を展開する「ネットワークエンターテインメント」の売上高が前年同期比で4.6%増の2385億円、セグメント利益が同7.6%増の353億円と増収増益だった。

家庭用ゲームについては、同11.5%増の658億円と2ケタの伸びを見せ、全体の売上拡大をけん引したようだ。同社によると、ワールドワイド向けの新作タイトル「ソウルキャリバー6」が順調なスタートをきったほか、過年度発売タイトルのリピート売上、国内新作タイトルなどが好調に推移した、としている。

スマートフォンゲームを中心とするネットワークコンテンツの売上高は2.7%増の1522億円だった。「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」や「ワンピース トレジャークルーズ」「アイドルマスター」シリーズなど主力タイトルが安定的に推移したほか、「ドラゴンボール レジェンズ」が好調なスタートとなった。

ネットワークコンテンツの四半期売上高を見ると、前年同期比でほぼ横ばいの499億円だった。ネットワークコンテンツについては6四半期ほど500億円前後と横ばいで推移している。落ち込んでいる会社が目立つ中、高水準の売上高を維持していると行って良さそうだ。
 
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
代表取締役社長 川口 勝
決算期
3月
直近業績
売上高8892億7000万円、営業利益1254億9600万円、経常利益1336億800万円、最終利益927億5200万円(2022年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
7832
企業データを見る