ドリコム、位置情報×3Dリアルマップによる ARスマートフォンアプリ構築プラットフォーム『AROW』オープンテスト版をリリース



ドリコム<3793>は、4月23日、位置情報と3DリアルマップによるAR体験を実現するためのスマートフォンアプリ構築プラットフォーム『AROW』のオープンテストバージョンをリリースした。

『AROW』はゲーム等スマートフォンアプリ開発で活用できる3DマップデータとPOIデータの提供を軸としており、『AROW』を利用することで、実際の位置情報と連動した3Dマップにゲームの世界観などを適用することができる。

『AROW』はドリコム新規事業開発部門「DRIP(ドリップ)」部が開発を手掛る新規サービスで、2018年8月のCEDEC 2018にて発表され、2019年中の事業化を目指している。

今回はオープンテストバージョンとして、『AROW』の基本的な機能提供と日本に対応したマップデータおよびPOIデータを無料で開発者に提供する、としている。
 


『AROW』オープンテストバージョンの概要
『AROW』オープンテストバージョンでは日本のマップデータとPOIデータを提供するとともにUnityでの編集を可能にするSDKを提供する。

『AROW』オープンテストバージョンで提供する主な機能は以下のとおり。

- 3Dリアルマップデータ(日本)
- POI※データ(日本)約40万件
- 経路探索機能
- 3Dモデル置換機能
- テクスチャ置換機能
- インテリアマッピング

SDKと合わせて、チュートリアルドキュメント、APIリファレンス、サンプルアプリを提供している。オープンテストバージョンは『AROW』ディベロッパーサイトに開発者登録(無料)することで利用可能。

なお、オープンテストバージョンの提供期間はプロダクションバージョンの提供までを予定している。プロダクションバージョンについても1万MAUまでは無料で利用できるという。
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高105億2800万円、営業利益15億9100万円、経常利益15億4100万円、最終利益8億700万円(2022年3月期)
上場区分
東証グロース
証券コード
3793
企業データを見る