【速報2】サイバーエージェント、ゲーム事業の営業益はQonQで134%増の74億円と急回復 主力タイトルの周年効果と広告宣伝費の適正化で



サイバーエージェント<4751>は、本日(4月24日)開催の決算説明会で、ゲーム事業の収益が急回復したことを明らかにした。第2四半期(1~3月)の業績は、売上高399億円(同9.8%増)、営業利益74億円(同134.1%増)と営業利益が大きく伸びた。

主力タイトルである『グランブルーファンタジー』をはじめ、『バンドリ!ガールズバンドパーティ!』、『プリンセスコネクト Re:Dive』など周年記念効果で売上が伸び、売上高は四半期ベースで過去2番めの水準となった。「スマホゲームというと、苦しいと思われがちだが、運用でしっかり売上を作れている。次の大きなヒットを狙っていくのはもちろんだが、しっかり運用を重ねていきたい」(藤田晋社長)。

利益面では、増収効果に加えて、広告宣伝費の適正化が奏功した。広告宣伝費は「強めのアクセルを踏んでいたこともあり、第1四半期で86億円使ったが、この四半期は50億円弱まで下げた」(常務取締役の中山豪氏)という。
 


続く第3四半期(4~6月)の見通しについては、例年どおり、前四半期の周年効果がはく落で減収が予想されるものの、主力タイトルの4月のランキング推移を見ると堅調に推移しているという。コストコントロールについては、さらに10億円程度の削減が可能との見方を示した。

なお、新作については2020年前半までに6タイトルのリリースを予定しているとのこと。
 


 
(編集部・木村英彦)
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る