ドリコム、19年3月期は売上高18%減、5.7億円の営業赤字を計上 enza関連の費用が先行 新作の寄与も限定的に 今期1Qは黒字転換見込む

ドリコム<3793>は、5月13日、2019年3月期の連結決算を発表、売上高107億2000万円(前々期比18.7%減)、営業損益5億7700万円の赤字(前々期1億9000万円の黒字)、経常損益13億4900万円の赤字(同2900万円の赤字)、最終損益17億1200万円の赤字(同2億400万円の赤字)と大幅な赤字を計上した。
 

エンターテインメントサービスについては、他社IPゲームは、『ONE PIECE トレジャークルーズ』(配信:バンダイナムコエンターテインメント)や、2018年11月にリリース2周年を迎えた『ダービースタリオンマスターズ』が既存ユーザーを中心に支持を集め好調に推移した。また、オリジナルゲームも、配信開始から8年を迎える中、既存ユーザーの満足度維持・向上に焦点を当てたイベント施策の実施により、底堅く推移した。しかし、前々期において計上されていた開発売上がリリースに伴い減少したことと、経営資源の選択と集中を図るべく、一部タイトルが配信停止となったことから、前年同期比で売上高が減少した。

一方、利益面については、費用対効果を重視した効率的な広告宣伝施策の展開や全社的なコスト最適化の取り組みによって費用の抑制を図ったものの、新作タイトルの多くで利益寄与が限定的となったことに加え、新ブラウザゲームサービス「enza」が事業開発段階にあり、費用先行が続いたことから、損失を計上することとなった。

広告メディアサービスは、2018年8月に位置情報と3DリアルマップによるARスマートフォンアプリ構築プラットフォーム「AROW」を発表し、2018年12月には同サービスを利用したゲームアプリ『アニマルランランド』をリリースした。しかし、広告代理業務の売上高の減少、多くの新規サービスが事業開発段階にあることから費用先行が続いた。

なお、2020年3月期の連結業績予想は非開示で、同社は第1四半期(4~6月)の連結業績予想を開示。第1四半期は売上高21億円(前年同期比26.7%減)、営業利益50000万円、経常利益3000万円、最終利益2000万円と黒字化する見込み。
 
株式会社ドリコム
http://www.drecom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ドリコム
設立
2001年11月
代表者
代表取締役社長 内藤 裕紀
決算期
3月
直近業績
売上高118億4000万円、営業利益20億5200万円、経常利益20億1900万円、最終利益16億2400万円(2021年3月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3793
企業データを見る