ファンコミ、スマホ向け運用型アドネットワーク「nend」が「Repro」と連携 「Repro」の分析データを使ったターゲティング配信が可能に

ファンコミュニケーションズ<2461>は、スマートフォン向け運用型アドネットワーク「nend(ネンド)」が、世界59か国6,500以上のサービスで利用されているCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro」とパートナー契約を締結したことを発表した。これに伴い、「Repro」が保有する広告識別子などの分析データをもとに、「nend」でターゲティング配信を行うことが可能になる。

■分析データを活用した広告配信で、最適なプロモーションを実現
「Repro」を利用している広告主は、抽出したいセグメントの広告ID(IDFA/GoogleAdvertisingID)を管理画面より抽出し、そのまま「nend」の広告配信に活用できる。
※「Repro」で広告オプションを利用している広告主のみ対象となる。

​例えば「プッシュ通知をオフにしているユーザー」や「アプリを一度起動しただけで離脱したユーザー」など、アプリ内で情報を届けることが難しいユーザーに向けてピンポイントで広告を配信することで、アプリへの再誘導が期待できる。また、「nend」がもつゲーム・ニュース・コミックなどの幅広いカテゴリの配信面や、国内最大級の配信ボリュームを活かしてユーザーへアプローチすることで、最適かつ効率的な広告訴求を実現する。

株式会社ファンコミュニケーションズ
http://www.fancs.com/

会社情報

会社名
株式会社ファンコミュニケーションズ
設立
1999年10月
代表者
代表取締役社長 柳澤 安慶
決算期
12月
直近業績
売上高293億7900万円、営業利益28億5200万円、経常利益29億8500万円、最終利益19億9100万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2461
企業データを見る