トーセ、新型コロナウイルスのゲーム開発スケジュールへの影響は出ていない 今後感染拡大で費用やスケジュールに変更が出る可能性も

トーセ<4728>は、新型コロナウイルスの開発への影響について、「大幅な開発スケジュールの変更などが発生していない」と第2四半期の決算説明資料で明らかにした。

ただ、新型コロナウイルスの対策費用が少しずつ発生しており、今後、感染が拡大すると対策費用が増加するほか、感染拡大の長期化で開発スケジュールの変更に伴う売上計上時期のずれなどが発生する可能性があるという。

同社では、今期中にスマートフォン向けコンテンツが4本、家庭用ゲームが2本、アーケードゲーム機向けが2本、パソコン向けが1本の開発を完了する予定で、第2四半期までは想定通りに進捗しているという。

 
株式会社トーセ
http://www.tose.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社トーセ
設立
1979年11月
代表者
代表取締役会長 齋藤 茂/代表取締役社長 渡辺 康人
決算期
8月
直近業績
売上高56億3500万円、営業利益3億6500万円、経常利益3億8700万円、最終利益2億2700万円(2020年8月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4728
企業データを見る