コロプラ、2Q(10~3月)の営業利益は前年同期比15倍に 『DQウォーク』が収益けん引 『黒猫のウィズ』と『アリスギア』の周年イベントも寄与

コロプラ<3668>は、5月14日、2020年9月期の第2四半期累計(10~3月)の連結決算を発表、売上高223億5400万円(前年同期比13.9%増)、営業利益74億2200万円(同15.0倍)、経常利益74億600万円(同151.1倍)、最終利益52億9600万円(前年同期6800万円の赤字)となった。
 

『ドラゴンクエストウォーク』(企画・制作:スクウェア・エニックス、開発:コロプラ)が引き続き堅調に推移し、グループの連結業績に貢献した。

また、自社IPタイトルは、主力タイトルである『クイズRPG魔法使いと黒猫のウィズ』と『アリス・ギア・アイギス』が周年記念イベントを開催したこともあり、好調に推移した。

なお、2020年9月期通期の予想は非開示。グループを取り巻く事業環境は短期的な変化が激しいことから、グループの業績の見通しについては適正かつ合理的な数値の算出が困難としている。
株式会社コロプラ
https://colopl.page.link/Am8B

会社情報

会社名
株式会社コロプラ
設立
2008年10月
代表者
代表取締役会長 チーフクリエイター 馬場 功淳/代表取締役社長 宮本 貴志
決算期
9月
直近業績
売上高325億4100万円、営業利益43億1000万円、経常利益57億3200万円、最終利益24億1400万円(2022年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3668
企業データを見る