ブロッコリー、『ジャックジャンヌ』の発売日はトラブル発生の可能性も考慮して設定した日程と強調 決算またぎによる"数字調整"は否定


ブロッコリー<2706>は、東京都内で開催した第2四半期の決算説明会で、『ジャックジャンヌ』について発売時期を2021年3月18日に再延期した件について、「発売を待っているファンに申し訳ないことをした。再度の延期はあってはならないという思いでスケジュールを設定を行った。開発会社とスケジュールをあらためて見直し、この時期にすれば多少のトラブルがあっても影響は出ないだろう」という日程にしたことを明かした。現在、発売に向けて表現方法やバランス調整などを行い、満足できる商品に仕上げていくという。

同社の決算期は2月であるため、『ジャックジャンヌ』の売上と費用の計上については次の2022年2月期にずれ込むことになり、今期中は先行して発生するプロモーション費用などが発生する見通しだ。だが、今期は会社計画を達成できる見通しであるため、無理して期中に発売することをあえて避け、あえて来期に発売して売上と利益を計上する、といった"調整"の可能性については否定した。
株式会社ブロッコリー
http://www.broccoli.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ブロッコリー
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 高橋 善之
決算期
2月
直近業績
売上高63億600万円、営業利益9億6700万円、経常利益9億9900万円、最終利益5億2100万円(2021年2月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
2706
企業データを見る