DeNA、第2四半期の海外アプリ消費額は117%増の152億 『スラムダンク』けん引 セグメント利益も82%増の64億円と大幅増


ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>は、この日(11月10日)、第2四半期(20年7~9月)の海外アプリの消費額が前年同期比で117.1%増の152億と急増したことを明らかにした。当サイトでもすでに報じたように、東映アニメーション<4816>との協業タイトル『スラムダンク』が中国本土、繁体字圏、韓国で展開し、特に台湾を中心に繁体字圏で大ヒットした。

『スラムダンク』については、東映アニメがすでに発表したが、今後、11月下旬には東南アジア・欧州・南米での配信開始する予定で、英語、タイ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語にも対応していく予定だ。
 


このように海外アプリの拡大と、『グランブルーファンタジー』の貢献などで、DeNAのゲーム事業の消費額は前年同期比18.4%増の462億、セグメント利益については同82.8%増の64億円と大きく伸びた。
 
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2432
企業データを見る