カプコングループ、欧州委員会と和解で約5千万円の制裁金支払い PCゲーム販売で欧州競争法違反の疑いにより

カプコン<9697>と子会社CE・ヨーロッパ、カプコンU.S.A(以下、カプコングループ)は、欧州委員会との和解を発表した。

本件は欧州の一部地域におけるPCゲームの販売に関して欧州競争法違反の疑いがあるとして調査を受けていたものだ。今回の和解に伴い、カプコングループは制裁金396,000ユーロ(約5000万円)を支払うことに合意したという。なお、本和解が同社の連結業績に与える影響は軽微としている。

同社は「今回の欧州委員会の決定を厳粛に受け止め、コンプライアンス体制の一層の充実、強化にグループ全体で取り組んでいく」と説明している。

【関連記事】
バンナムHD、欧州競争法への抵触について欧州委員会と和解 罰則金約4300万円は2019年3月期4Qに引当済で業績への影響は軽微
 
株式会社カプコン
http://www.capcom.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社カプコン
設立
1983年6月
代表者
代表取締役社長 最高執行責任者 (COO) 辻本 春弘
決算期
3月
直近業績
売上高953億800万円、営業利益345億9600万円、経常利益348億4500万円、最終利益249億2300万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
9697
企業データを見る