アクセルマーク、第1四半期決算から単独決算に移行 業績予想は連結と同じ 営業利益1000万円と黒字転換の見通し

アクセルマーク<3624>は、1月21日、アクセルゲームエンターテインメントの解散決定に伴い、2021年9月期の第1四半期(2020年10~12月)決算から連結決算より単独決算に移行すると発表した。2021年9月通期の見通しは、売上高25億2500万円(前期比9.3%減)、営業利益1000万円(前期は6億5300万円の赤字)としている。

すでに発表した連結業績の見通しと同じだが、連結対象だったアクセルゲームエンターテインメントの影響度合いが軽微だったためだという。アクセルゲームエンターテインメントの主力事業であったゲームアプリの開発・運営は、2020年9月に譲渡が完了していた。
アクセルマーク株式会社
http://www.axelmark.co.jp/

会社情報

会社名
アクセルマーク株式会社
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 松川 裕史
決算期
9月
直近業績
売上高27億8400万円、営業損益6億5200万円の赤字、経常損益6億2300万円の赤字、最終損益8億2500万円の赤字(2020年9月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3624
企業データを見る