【ハイカジ道】全米AppStoreゲームDLランキング5位獲得のカヤック『Ball Run 2048』…小さなボールが徐々に大きくなってゴールに迫る様は爽快


スマートフォン端末の機能を活かした直感的な操作方法、説明を必要としない明快さ、老若男女だれもが楽しめる万国共通のルールなど、ゲームの間口を広げるジャンルとして、スマートフォンアプリ市場において注目されているハイパーカジュアルゲーム。

SocialGameInfoでは、各社のハイパーカジュアルゲームにスポットを当てたレビューやインタビューを掲載するコーナー「ハイパーカジュアルゲーム道(ハイカジ道)」を展開している。

第3回は、カヤック<3904>から4月28日に配信され、リリース後に全米のApp Store無料ゲームランキングで5位、カジュアルゲームカテゴリで1位を獲得した、ハイパーカジュアルゲームシリーズ第6弾『Ball Run 2048』のレビューをお届けする。

【関連記事】
カヤック、ハイパーカジュアルゲームシリーズ第6弾『Ball Run 2048』を4月28日より配信開始 全米App Store無料ゲームランキングで5位を獲得
 

■リリース後に全米で好評を博した『Ball Run 2048』


『Ball Run 2048』は、同じ数字のボールを合体させてゴールを目指すゲーム。



ゲームがスタートすると、2が書かれた白いボールが画面奥へと自動で転がっていくので、スワイプでボールを左右に動かし、同じ数字が書かれたボールにぶつけて合体させながらゴールを目指そう。

2のボール同士をぶつけると合体して4のボール、4のボール同士を合体させると8のボールと、数字が大きくなるごとにボールもどんどん大きくなっていく。

ゴールするとステージクリアとなり、ステージ難易度のレベルが上がるので、遊び応えも感じられた。

 
 

ステージのレベルが上がると、レーン上に様々なギミックが登場する。

自分のボールと違う数字のボールに当たっても弾かれるだけだが、レーン上の赤い三角コーンにぶつかると、数字が半分のボールに戻ってしまうので、上手く避けたいところ。

また、レーンから落ちるとゲームオーバーになってしまうのだが、一定の大きさのボールでなければ通過できない2本のパイプでできた橋もあり(小さいボールでもうまく操作できればパイプ1本の上を通れるかも!?)、単純にボールを合体させるだけではなく障害物を乗り越える楽しみもある。

 

ちなみに1プレイの時間は、だいたい20秒弱といったところ。お手軽にサクサクと遊べるので、ついついやり続けてしまう中毒性もあると感じた。

また、同じ数字を合体させる、とあるが数字によってボールの色や大きさも違うので、仮に数学が苦手という人も安心してプレイしてほしい。


~『Ball Run 2048』の魅力~
・左右にスワイプさせるだけの簡単操作
・ボールをどんどん大きくしてゴールしたときの達成感
・1プレイがおよそ20秒弱と気軽に遊べる


~ゲーム内の広告表示について~

 

『Ball Run 2048』では、一つのステージをプレイ中、バナー広告が画面下に常時表示。また、ステージをクリア、もしくはゲームオーバーになって1プレイが終了すると全画面の動画広告が流れる。広告内容は主にスマホゲームだった。

プレイしていて広告が多くて気になる、という印象はなかった。

 

App Store

Google Play



© Kayac Inc.
 
株式会社カヤック
http://www.kayac.com/

会社情報

会社名
株式会社カヤック
設立
2005年1月
代表者
柳澤大輔/貝畑政徳/久場智喜
決算期
12月
直近業績
売上高58億1600万円、営業損益3億9100万円の赤字、経常損益3億4700万円の赤字、最終損益2億5300万円の赤字(2018年12月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
3904
企業データを見る