【ゲーム株概況(6/14)】国内証券がレーティング格上げのグリーが買われる 創業者で取締役会長の國光氏の退任を発表のgumiが大幅続落

6月14日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比213.07円高の2万9161.80円で取引を終えた。国内で新型コロナウイルスワクチンの職場接種の開始が一部で前倒しされるなど、接種の動きが急速に進んでいることが国内の経済活動の正常化への期待につながった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、いちよし証券がレーティングを「C」から「B」へと格上げしたグリー<3632>が買われたほか、10日に上場したばかりのワンダープラネット<4199>が一時4925円まで上昇するなど強さを見せた。

また、東映アニメ<4816>やサイバーエージェント<4751>なども買われた。サイバーエージェントは、子会社のサムザップが「呪術廻戦」初のスマホゲーム『呪術廻戦 ファントムパレード』を発表したことも株価の刺激材料となっているようだ。

半面、前週末11日に決算を発表したgumi<3903>とエイチーム<3662>、アピリッツ<4174>、HEROZ<4382>が総じて売られる展開となった。

中でgumiは、4月期の通期決算の発表とともに、創業者で取締役会長の國光宏尚氏が任期満了で退任することを発表したことが市場のサプライズとなっているもよう。國光氏の退任は、同氏がけん引役となっていた同社のブロックチェーン関連ビジネスの縮小につながるのではとの思惑や、大株主でもある國光氏との今後の関係性に懸念を持つ向きもあるようだ。


■関連銘柄
株式会社gumi
http://gu3.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社gumi
設立
2007年6月
代表者
川本 寛之
決算期
4月
直近業績
・売上高:186億2800万円(前の期比6.0%減)
・営業利益:15億1400万円(同32.0%減)
・経常利益:60億7100万円(同185.7%増)
・最終利益:18億3500万円(同4.4%増)
上場区分
東証1部
証券コード
3903
企業データを見る
グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高626億円、営業利益31億円、経常利益42億円、最終利益27億円(2020年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る