【ゲーム株概況(6/16)】サイバーエージェント年初来高値更新 壽屋やフリューも 『呪術廻戦』関連で物色 「E3」通過で大手ゲームさえない

6月16日の東京株式市場では、日経平均株価が反落。前日比150.29円安の2万9291.01円で取引を終えた。米国連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて様子見ムードが広がり、引けにかけてジリジリと値を下げた。指数寄与度の大きいファーストリテイリングが年初来安値を更新し、日経平均を82円を下げることになったという。

こうした中、ゲーム関連株を見ると、サイバーエージェント<4751>が年初来高値を更新した。子会社のサムザップが人気テレビアニメ『呪術廻戦』初となる新作スマートフォンゲーム『呪術廻戦 ファントムパレード』の開発を発表したことを受けて引き続き物色されているもようだ。

壽屋<7809>とフリュー<6238>も年初来高値を更新した。『呪術廻戦』の劇場版が12月24日に公開されることを受けて、関連銘柄として物色されたもようだブロッコリー<2706>も続伸。『鬼滅の刃』の大ヒットで関連企業の収益が大きく伸びた経緯もあるだけに注目を集めたもよう。ただ、東宝<9602>がさえない。

半面、「E3」終了で材料出尽くしとの見方から、任天堂<7974>やコナミHD<9766>、スクエニHD<9684>、バンナムHD<7832>など大手ゲーム株もさえない。バンナムHDについては、水戸証券が目標株価を1万2000円から1万円に引き下げたとの観測もでている。

このほか、直近上場のワンダープラネット<4199>や、テンダ<4198>、COLY<4175>の下げも目立った。

 
株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高4785億6600万円、営業利益338億8000万円、経常利益338億6300万円、最終利益66億800万円(2020年9月期)
上場区分
東証一部
証券コード
4751
企業データを見る
任天堂株式会社
http://www.nintendo.co.jp/

会社情報

会社名
任天堂株式会社
設立
1947年11月
代表者
代表取締役社長 古川 俊太郎 / 代表取締役 フェロー 宮本 茂 
決算期
3月
直近業績
売上高1兆3085億円、営業利益3523億円、経常利益3604億円、最終利益2586億円(2020年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
7974
企業データを見る
フリュー株式会社
http://www.furyu.jp/

会社情報

会社名
フリュー株式会社
設立
2007年4月
代表者
田坂 吉朗
決算期
3月
直近業績
売上高239億1100万円、営業利益30億3300万円、経常利益32億7800万円、当期純利益19億900万円(2015年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
6238
企業データを見る
株式会社バンダイナムコホールディングス
http://www.bandainamco.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社バンダイナムコホールディングス
設立
2005年9月
代表者
田口 三昭
決算期
3月
直近業績
売上高7239億8900万円、営業利益757億7500万円、経常利益797億9700万円、最終利益576億6500万円(2020年3月期)
上場区分
東証1部
証券コード
7832
企業データを見る