DeNA、第3四半期は経常益244%増の401億円に拡大-ソーシャルゲーム関連の売上がけん引

 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>が2月1日に発表した第3四半期累計(4-12月期)の連結業績は、売上高807億7200万円(前年同期比178.2%増)、経常利益401億4700万円(同244.4%増)、四半期純利益223億2800万円(同244.2%増)だった。  同社によれば、SNS「モバゲータウン」で提供しているソーシャルゲームのタイトル数の充実と、テレビCMを中心とした積極的な広告宣伝活動などの結果、ソーシャルゲームのアイテム課金売上が順調に増加した、としている。収益性の高いゲーム関連の売上の拡大により、広告宣伝費や事業拡大に伴う支払手数料、人件費等の増加を吸収し、売上高、営業利益ともに5四半期連続で過去最高を更新したとのこと。  また、米国と中国で連結子会社を通じて運営していた携帯電話向けSNSについては、スマートフォンへの対応など戦略の見直しに伴う事業整理により、減損損失3億0900万円や子会社の整理損1億8900万円を計上したが、四半期純利益でも過去最高を更新した。   ■3月通期の予想と取り組み  3月通期は、売上高1130億円(前期比134.9%増)、経常利益553億円(同157.0%増)、当期純利益307億円(同170.0%増)を見込む。  同社では、引き続きソーシャルゲームプラットフォームの強化に経営資源を集中し、「X-device」「X-border」の2本柱とする成長戦略を推進する、としている。国内では、「モバゲータウン」と「Yahoo!モバゲー」の積極的な広告宣伝とゲームラインナップの充実を図るほか、「モバゲータウン for Smartphone」のオープン化を実施し、ユーザーの獲得に注力する。  海外では、世界統一ブランド「mobage」を使用し、ngmocoを通じて世界共通のサービスを提供する。プラットフォームのオープン化とゲーム開発エンジン「ngCore」を提供し、国内外からのゲームデベロッパーから多種多様なゲームの提供を受けるとともに、グローバルなユーザーの獲得を積極的に進めていく、としている。
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
https://dena.com/jp/

会社情報

会社名
株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)
設立
1999年3月
代表者
代表取締役会長 南場 智子/代表取締役社長兼CEO 岡村 信悟
決算期
3月
直近業績
売上収益1369億7100万円、営業利益224億9500万円、税引前利益312億5900万円、最終利益256億3000万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
2432
企業データを見る