ソフトバンク、ライカが全面的監修のスマホを7月16日に発売決定! 5Gにも対応



ソフトバンク<9434>は、7月16日に、ドイツの老舗カメラメーカー、ライカが全面的に監修した初のスマートフォン(スマホ)「Leitz Phone 1(ライツフォン ワン)」を、2021年7月16日に独占発売すると発表した。5G通信にも対応しているという。



「Leitz Phone 1」は、ライカならではのエレガントで無駄のないデザインに、スマホとして最大級※の1インチの高性能イメージセンサーを搭載したスマホとなる。

※シャープ調べ。

1. 主な特長
1インチの高性能イメージセンサーを搭載、自然な色味で写真撮影が可能

ライカが監修したカメラには、スマホとしては最大級※となる1インチの高性能イメージセンサーが搭載。暗所でも明るく、速い動きにも強く、自然な色味での写真が撮影可能。また、F1.9、焦点距離19mmの7枚構成レンズと最大6倍のデジタルズームを組み合わせたライカのレンズテクノロジーは、RAWおよびJPEG形式で保存でき、大判でも高品質でディテールまで鮮やかにプリントすることができる。さらに、「Leitz Looks」モードでは、ライカらしい美しいモノクロ写真をスマホで撮影することができる。

自然な色を再現するPro IGZO OLEDディスプレーと高性能チップセットを搭載
約6.6インチのPro IGZO OLEDディスプレーは、1Hz-240Hzで駆動し、撮影した写真や動画は細かな色彩の違いも忠実に再現され、これまでにない没入感のある映像体験が可能。また、大容量かつ超高速な256GBのROMを搭載しており、大容量の写真や動画を保存することができる。高性能のチップセット「Snapdragon™ 888G 5G」と12GBのRAM、5,000mAhの大容量バッテリーの組み合わせにより、電池残量を気にせず長時間撮影を楽しむことができる。

本当に必要な要素だけを取り入れたライカならではのデザイン
シンプルで使いやすい操作性と、本当に必要な要素だけを取り入れたエレガントなデザインは、ドイツのミュンヘンにあるライカのデザインスタジオが制作しました。3Dのライカロゴがシームレスに埋め込まれたマットブラックの背面は強化ガラスで仕上がっており、ライカらしい機能美と手に取った時の感触の良さも追求している。さらに、ライカのロゴマークが入ったマグネット式のレンズキャップや、高級感のあるケースなど付属アイテムにもライカのこだわりが詰まっている。


通信方式 こちら