ミクシィグループの決算公告が公開 アイ・マーキュリーキャピタル1.3億円と黒字転換 『FINDJOB!』運営会社は2.4億円の最終赤字

ミクシィ<2121>グループ企業の2021年3月期の決算公告が7月15日付の『官報』に掲載された。

代表的な企業を見ていくと、ミクシィグループにおける投資実行支援を展開するアイ・マーキュリーキャピタルは、最終利益1億3000万円と黒字転換した。前の期の実績は、最終損失1900万円だった。

同じくエンターテインメント業界におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を、投資活動を通じて推進するファンドを運用するミクシィエンターテインメントファンドは、第1期決算で690万円の最終利益を計上した。

続いてIT・Web業界に特化した求人情報サイト『FINDJOB!』の企画・運営などを行うミクシィ・リクルートメントは、最終損失2億4400万円と赤字転落となった。前の期(2020年3月期)は、最終利益4100万円だった。

また、「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」に基づくミクシィの特例子会社ミクシィ・エンパワーメントは200万円の最終利益となった。

このほか、5月に解散することが明らかになったXFLAG STOREについては最終損失1100万円、ヘルスケア事業を展開するスマートヘルスの最終損失は前の期の4億600万円から1200万円に大きく減った。
 
株式会社ミクシィ
http://mixi.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ミクシィ
設立
1997年11月
代表者
代表取締役社長 木村 弘毅
決算期
3月
直近業績
売上高1193億1900万円、営業利益229億2800万円、経常利益230億1900万円、最終利益156億9200万円(2021年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
2121
企業データを見る