Cygames『ウマ娘』、4~6月の国内セールスランキングで首位獲得 世界でも2位に 海外展開次第でさらなる飛躍も AppAnnie調査



調査会社のApp Annieは、「トップアプリ & ゲーム 2021年第二四半期インデックスランキング」と第する2021年第2四半期(4~6月)におけるアプリ市場のデータをまとめ、Cygamesの『ウマ娘 プリティーダービー』が国内ダウンロードと消費支出ランキングで1位を獲得したとの推計結果を発表した。第1四半期から劇的に変化したアプリの消費支出ランキングでも国内と全世界で首位だった。

 


『ウマ娘』は、実在する競走馬の名前と魂を受け継ぎ、ウマの耳と尻尾を持つ「ウマ娘」と呼ばれる少女たちが、仲間やトレーナーたちと学園生活を送りながら<トゥインクル・シリーズ>制覇を目指すメディアミックスコンテンツ。ゲームアプリは、2月24日より正式サービスを開始しており、それ以来、セールスランキングで首位を独走するなど爆発的な人気を集めている。

このほか、国内のセールスランキングを見ると、『モンスターストライク』が2位、『パズル&ドラゴンズ』が3位と続いた。前四半期で首位だった『Fate/Grand Order』については6ランクダウンの7位だった。

そんな『ウマ娘』だが、日本国内のみでの運営となるものの、世界のセールスランキングにおいても前四半期の26位から2位に上昇しており、グローバルタイトルと伍する活躍を見せている。運営元のCygamesでは、今後、韓国語版と簡体字版も配信の準備を行っているとのアナウンスを出しており、さらなる飛躍が期待される。

 



なお、App Annieのデータについては、数年前の話になるが、いくつかのディベロッパーから実データを受け取り、これをベースにして他のアプリの売上やダウンロード数を推定していると聞いた。「正しいわけではないが、大きく外れているわけでもない。当たらずとも遠からずといった印象」(モバイルゲーム広報担当)と聞いた。この印象は会社によって異なるのかもしれない。
App Annie

会社情報

会社名
App Annie
企業データを見る