ボルテージ、第2四半期はソーシャルアプリ好調で増収増益-上半期としては過去最高に

 ボルテージ<.3639>が2月3日に発表した第2四半期累計(7-12月期)の業績は、売上高28億7500万円(前年同期比33.9%増)、経常利益3億7300万円(同8.5%増)、四半期純利益2億1500万円(同2.6%増)だった。上半期としては、売上高、利益とも過去最高になるという。  同社では、モバイルコンテンツ事業において、ソーシャルアプリの売上高が会社計画を上回って推移したことが主な要因としている。  主力のモバイルコンテンツ事業では、30歳前後の大人層に向けたコンテンツ制作と集客を行っており、新規コンテンツは、公式サイト4タイトル、ソーシャルアプリ5タイトル、スマートフォン版有料アプリ2タイトルを投入した。その結果、運営中のタイトルは、公式サイト69タイトル、ソーシャルアプリ6タイトル、スマートフォン版有料アプリ2タイトルとなった。売上高27億2500万円。  モバイルコマースは、「恋人ゲーム」のキャラクターを使ったグッズなどの開発・販売を行っており、売上高1億3400万円。その他の事業では、ドラマCD4タイトルをリリースし、売上高1500万円となった。    ■6月通期の見通し  6月通期は、売上高62億7000万円(前期比41.3%増)、経常利益7億4700万円(同37.4%増)、当期純利益4億2700万円(同30.0%増)を見込む。   引き続き「恋人シリーズ」に経営資源を集中していく。ソーシャルアプリについては売上高が計画を上回っており、今後も引き続き順調に推移することが見込まれる、としている。  また、下期では投資を増やす予定で、コンテンツ開発に係る外注費、テレビCMを含む広告宣伝費、オフィスの増床などを行うという。
株式会社ボルテージ
http://www.voltage.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ボルテージ
設立
1999年9月
代表者
代表取締役社長 津谷 祐司
決算期
6月
直近業績
売上高69億200万円、営業利益1億5900万円、経常利益1億7700万円、最終利益1億6300万円(2021年6月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3639
企業データを見る