サイバーステップ、マッコーリーを割当先とする第35回・第36回新株予約権の払込が完了

サイバーステップ<3810>は、この日(9月24日)、2021年9月8日付の取締役会において決議した、マッコーリー・バンク・リミテッドを割当先とする第35回・第36回新株予約権について、発行価額の総額562万8000円の払込みが完了したことを明らかにした。

同社は、今回の新株予約権とその権利行使を通じて、総額17億9800万円を調達する見通しとしている。

調達した資金は、オンラインクレーンゲーム「トレバ」における筐体の増台や海外拠点の設置に伴う設備投資やプロモーション費用などに投じるほか、「トレバ」に続く収益の柱となる新規タイトルにかかるプロモーション費用に充当する方針。

 

【関連記事】
サイバーステップ、マッコーリーから18億円の資金調達へ 潜在株式195万株の新株予約権を発行 「トレバ」や新規タイトルへの投資に充当

サイバーステップ株式会社
https://corp.cyberstep.com/

会社情報

会社名
サイバーステップ株式会社
設立
2000年4月
代表者
代表取締役社長 佐藤 類
決算期
5月
直近業績
売上高121億9300万円、営業損益8億1200万円の赤字、経常損益9億2300万円の赤字、最終損益11億5600万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
東証二部
証券コード
3810
企業データを見る