【ゲーム株概況(10/14)】1Q決算の内容が嫌気されたケイブが3日続落 ワンダープラネットは自社株買い、配当実施を発表も売られる

  • 10月14日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反発し、前日比410.65円高の2万8550.93円で取引を終えた。衆議院の解散総選挙で具体的な政策が浮上することへの期待に加え、米国市場でハイテク株が買われたことも追い風となった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ビットコイン市場の上昇を背景にネクソン<3659>が2000円大台回復を目前にとらえてきたほか、グリー<3632>が一時900円台に乗せるなど8連騰した。

    先日12日に韓国の総合エンターテインメント企業であるCJ ENMと、グローバル市場向けコンテンツの共同企画・製作に関する戦略的な業務提携協定を締結したことを明らかにした東映アニメ<4816>は、4日ぶりに反発した。

    半面、岩井コスモ証券が投資判断「A」を継続し、目標株価を2万5000円から3万円に引き上げたSHIFT<3697>は、前日急騰していたこともあり、この日は反落した。

    また、前日13日に発表した第1四半期決算が2010年以降で最も厳しい数字となったケイブ<3760>は、下げ幅を拡大して3日続落した。

    ワンダープラネット<4199>は、決算発表と同時に自社株買いや配当の実施も発表したものの、3日続落とさえない。

株式会社ケイブ
http://www.cave.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ケイブ
設立
1994年6月
代表者
代表取締役社長 秋田 英好/代表取締役副社長 安藤 裕史
決算期
5月
直近業績
売上高17億400万円、営業損益2億2500万円の赤字、経常損益2億3300万円の赤字、最終損益2億4400万円の赤字(2021年5月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
3760
企業データを見る
ワンダープラネット株式会社
http://wonderpla.net/

会社情報

会社名
ワンダープラネット株式会社
設立
2012年9月
代表者
代表取締役社長CEO 常川 友樹
決算期
8月
直近業績
売上高34億3400万円、営業利益3億1200万円、経常利益3億1200万円、最終利益2億2400万円(2020年8月期)
上場区分
東証マザーズ
証券コード
4199
企業データを見る