ブロッコリー、8月中間の営業益は81%減の1.1億円 「うたプリ」劇場版のロイヤリティ剥落 イベント開催やジャックジャンヌ販促費も圧迫 新作ゲーム開発中止

ブロッコリー<2706>は、2022年2月期の8月中間期の連結決算を発表し、売上高32億1100万円(前期比7.4%増)、営業利益1億1600万円(同81.2%減)、経常利益1億3000万円(同79.5%減)、最終利益4700万円(同89.2%減)と増収・大幅減益となった。

・売上高:32億1100万円(同7.4%増)
・営業利益:1億1600万円(同81.2%減)
・経常利益:1億3000万円(同79.5%減)
・最終利益:4700万円(同89.2%減)

 

主力の「うたの☆プリンスさまっ♪」関連は、CDが第1四半期に加え6月と8月に発売したタイトル好調により2倍を超える売上高となったものの、関連グッズは前年同期をわずかに下回った。

その一方、他社ライセンスグッズは人気タイトル「呪術廻戦」の好調により第1四半期に続いて大幅増となった。新作ゲームソフト「ジャックジャンヌ」はゲームの限定版を再販し好調を継続した。

このほか、トレーディングカードゲーム(TCG)「Z/X(ゼクス)」については復調基調にあるものの、前年同期を下回ったという。

 

利益面では、前年同期に計上した「うたの☆プリンスさまっ♪」の劇場版関連ロイヤリティ収入が一巡したことも響いた。またイベント開催や新作ゲーム「ジャックジャンヌ」発売に伴う運営費・販促費の計上により販売管理費を44%増やしたことが利益を圧迫した。

このほか、一部着手していたゲームの開発中止を決定したことで特別損失5900万円を計上したとのこと。

続く2022年2月通期の業績は、売上高60億円(同4.9%減)、営業利益2億5000万円(同74.2%減)、経常利益2億8000万円(同72.0%減)、最終利益1億3000万円(同75.1%減)を見込む。

・売上高:60億円(同4.9%減)
・営業利益:2億5000万円(同74.2%減)
・経常利益:2億8000万円(同72.0%減)
・最終利益:1億3000万円(同75.1%減)

 

計画に対する進捗率は、売上高53.5%、営業利益46.4%、経常利益46.4%、最終利益36.2%となっている。

・売上高:53.5%
・営業利益:46.4%
・経常利益:46.4%
・最終利益:36.2%

株式会社ブロッコリー
http://www.broccoli.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ブロッコリー
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 高橋 善之
決算期
2月
直近業績
売上高63億600万円、営業利益9億6700万円、経常利益9億9900万円、最終利益5億2100万円(2021年2月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
2706
企業データを見る