【ゲーム株概況(10/19)】子会社SPEがゲーム部門のGSN Gamesの譲渡を発表のソニーグループがしっかり テンダやブロッコリーが続落

  • 10月19日の東京株式市場では、日経平均は反発し、前日比190.06円高の2万9215.52円で取引を終えた。衆院選の公示を迎えて選挙は株高の経験則に意識が向かったほか、国内の新型コロナウイルスの新規感染者が減少傾向となっていることも経済活動再開への期待につながった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、CRI・ミドルウェア<3698>やフェイス<4295>、イー・ガーディアン<6050>など周辺株への物色が目立ったほか、サイバーエージェント<4751>やミクシィ<2121>など主力株の一角も買われた。

    傘下のSony Pictures Entertainmentが子会社Game Show Networkのゲーム部門であるGSN GamesをScopelyに約1100億円で譲渡することを発表したソニーグループ<6758>はしっかり。

    半面、テンダ<4198>やブロッコリー<2706>が続落し、主力株ではDeNA<2432>やコロプラ<3668>などがさえない。

    GMOメディア<6180>は、2021年12月通期の業績予想の上方修正を発表したものの、引き続き赤字計上見通しということもあり、株価は小安い推移となった。

ソニーグループ

会社情報

会社名
ソニーグループ
企業データを見る