ブロッコリー、『ジャックジャンヌ』の販売本数は「納得できる水準」(渡邉本部長) 水面下で進むアニメ化などIPの成長に向けた展開を今後も行う考え

ブロッコリー<2706>は、この日(10月21日)、オンラインで決算説明会を開催し、新規IP『ジャックジャンヌ』のゲームソフトについて「販売本数は外部に開示していないが、まずまず納得できるものだった」とコメントした。『ジャックジャンヌ』は今年から本格的に始まったIPだが、ブロッコリー全体の売上に占める割合は11.3%と早くも存在感を示している。

 現在、限定版を含むパッケージソフトの出荷が終了し、今後はオンラインを中心にセールなどを行って徐々に売上を伸ばしていくフェーズに入っているとした。ハーフアニバーサーリーである9月18日に発売したCD「VOCAL COLLECTION」は、オリコン週間アルバムで6位に入るなど好調だったという。

説明にあたった渡邉本部長は、コンテンツの成長に向けて、 今後も新たな展開を図っていくと述べた。 アニメ化の状況について質問を受けると、 水面下で協議を進めているが、 現時点で特に発表できることはない、と回答するに留めた。

株式会社ブロッコリー
http://www.broccoli.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社ブロッコリー
設立
1994年3月
代表者
代表取締役社長 高橋 善之
決算期
2月
直近業績
売上高63億600万円、営業利益9億6700万円、経常利益9億9900万円、最終利益5億2100万円(2021年2月期)
上場区分
JASDAQ
証券コード
2706
企業データを見る