グリーエンターテインメント、21年6月期の決算は最終利益が14.2%減の1.8億円…旧ファンプレックスとグリーのアプリゲーム事業とライセンス事業が統合

グリーエンターテインメントの2021年6月期(第6期)の決算は、最終利益が前の期比14.2%減の1億8000万円だった。前の期(2020年6月期)の実績は、最終利益2億1100万円だった。債務超過解消も間近となっている。10月28日付の「官報」に掲載された「決算公告」で判明した。

同社は、もともとはファンプレックスだったが、今年7月1日、親会社であるグリー<3632>のアプリゲーム事業とライセンス事業が統合するとともに、現在の社名に変更した。成立の経緯と今後の展開については小竹社長のインタビューを確認して欲しい(関連記事)。



事業内容は以下のとおり。

■IPプロデュース事業
アニメ・アーティストIPを中心としたプロデュース事業を展開する。

・アニメ製作 / 原作開発
製作委員会へ参加しアニメ製作に携わりながら原作の開発も行い、ゲーム展開をはじめとした国内外での事業開発と、作品のグローバル展開をプロデュースする。

・IPゲームプロデュース
アニメ・アーティストIPを中心に、国内外でのゲーム展開をプロデュースする。ゲームという側面からIPの魅力を最大化し、世界のファンに驚きと楽しさを届ける。

・ゲームコラボ推進
すでに多くのファンを持つアニメやアーティストIPを活用し、様々な形でゲームとのコラボレーションを展開する。

■ゲーム事業
グリーグループとして培ったノウハウを通じ、高品質で安心安全なゲームの開発・運営を行う。

・自社パブリッシング
IPタイトルを主軸に、ゲームという形を通じてIPの価値を更に増大させられるユーザー体験を提供する。

・開発・運営受託
過去30タイトルを超える運営経験と、グリーグループが有する豊富なアセットを活用し、高品質なタイトル開発・運営をサポートする。

・グローバル展開
全世界に向けて、日本発の作品をゲームとして届ける。

グリー株式会社
http://www.gree.co.jp/

会社情報

会社名
グリー株式会社
設立
2004年12月
代表者
代表取締役会長兼社長 田中 良和
決算期
6月
直近業績
売上高567億6600万円、営業利益53億7800万円、経常利益110億9800万円、最終利益135億2600万円(2021年6月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3632
企業データを見る
グリーエンターテインメント株式会社
https://gree-entertainment.com/

会社情報

会社名
グリーエンターテインメント株式会社
設立
2015年10月
代表者
代表取締役社長 小竹 讃久
企業データを見る