サイバード、ブロックチェーン、AIなどの先端技術を活用した開発会社であるベトナムのEkoiosと業務提携 共同出資による新会社設立も協議へ

  • サイバードは、本日(11月5日)、ブロックチェーン、AIなどの先端技術を活用した開発会社であるVietnam Ekoios Technology Joint Stock Company(以下、Ekoios)との業務提携に関する基本合意書を締結したことを発表した。

    Ekoiosとの業務提携により、NFTなどブロックチェーン技術を活用した国内外におけるサービス開発および開発支援事業に取り組むとともに、自社のブロックチェーン技術を活用したサービス開発力を強化していく。また、今回の基本合意書の締結を機に、Ekoiosとの共同出資による新会社の設立に関する協議も進めていく。

    NFTを用いたサービスへの著名なスポーツ選手やアーティストなどの参加が相次ぎ、「NFT」という言葉が広く知られるようになった。また、ブロックチェーン技術を活用したNFTゲームサービスも世界市場において数多くリリースされてきており、ゲームをはじめ、世界市場においてブロックチェーン技術を活用したNFT市場は大きく拡大している。

    さらに昨今においては、金融の仕組みをゲーム化した「GameFi」を実装したゲームタイトルが注目されており、ゲームをプレイする事を通じて利益を得る事は「Play to Earn」と呼ばれている。このような経済活動とゲームの領域を跨いだサービスは今後も拡大していくだろうと予想され、大きな成長市場になっていくものと考えられるとしている。

    ■Ekoiosについて
    2015年に設立されたばかりのEkoiosは、ベトナムのトップブロックチェーン企業へと急速に成長した。イニシャル・コイン・オファリング、分散型交換、NFTゲーム、NFTマーケットプレイス、eWalletなど、200以上のサービスを世界中の様々な業界の50以上のクライアントに提供している。同社は、戦略、運営、配信に至るまで、ブロックチェーンへの道を歩むクライアントのすべてのステップに寄り添い、 クライアントのさらなる成長を支援している。

株式会社サイバード
http://www.cybird.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバード
設立
1998年9月
代表者
代表取締役社長兼CEO 本島 匡
決算期
12月
直近業績
売上高69億200万円、経常利益3億4500万円、最終損益2億8900万円の赤字(2020年12月期)
上場区分
非上場
企業データを見る