セガサミー、第2四半期のスマホ・オンラインゲーム売上は5%減の137億円…『プロセカ』や『PSO2NGS』貢献も18年3月期以前の落ち込み目立つ

セガサミーホールディングス<6460>は、第2四半期(21年7~9月)におけるセガの展開するスマホゲームやPCオンラインゲームなど「F2Pタイトル」の売上について、前年同月比で4.9%減の137億円だったことを明らかにした。リリース時期別に見ると、2018年3月期以前のタイトルの落ち込みが主な要因だったようだ。

同社では、新作タイトルと既存タイトルともに堅調に推移した、としている。リリース時期別に見ると、『PSO2 ニュージェネシス』が本格的に収益に寄与し始めたほか、『プロジェクトセカイ』も堅調だった一方、2018年3月期以前のタイトルの落ち込んだという。

2018年3月期以前のタイトルは、前年同期においては新型コロナによる"巣ごもり需要"の影響で高い売上を達成していたが、今年に関しては巣ごもり需要のはく落や競争の激化の影響を受けて売上を落としたものと見られる。

売上上位タイトルは以下のとおり。

1位 『プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat. 初音ミク(プロセカ)』
2位 『PSO2 ニュージェネシス』
3位 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』

 

株式会社セガ
https://www.sega.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社セガ
設立
1960年6月
代表者
代表取締役会長CEO 里見 治紀/代表取締役社長COO 杉野 行雄
決算期
3月
直近業績
売上高1342億8500万円、営業利益183億7200万円、経常利益225億1700万円、最終利益256億2000万円(2021年3月期)
上場区分
非上場
企業データを見る
セガサミーホールディングス株式会社
http://www.segasammy.co.jp

会社情報

会社名
セガサミーホールディングス株式会社
設立
2004年10月
代表者
代表取締役会長 里見 治/代表取締役社長 グループCEO 里見 治紀
決算期
3月
直近業績
売上高2777億4800万円、営業利益65億5300万円、経常利益17億1500万円、最終利益12億7400万円(2018年3月期)
上場区分
東証一部
証券コード
6460
企業データを見る