マイネット、第3四半期決算は営業益48%減の5億3900万円 巣ごもり特需終了による既存タイトルの落ち込みと新規獲得の遅れで

マイネット<3928>は、2021年12月期の第3四半期累計(21年1~9月)の連結決算を発表し、売上高79億8800万円(前の期比8.9%減)、営業利益5億3900万円(同48.8%減)、経常利益5億1400万円(同50.7%減)、最終利益4億2900万円(同51.0%減)と大幅減益となった。

・売上高:79億8800万円(同8.9%減)
・営業利益:5億3900万円(同48.8%減)
・経常利益:5億1400万円(同50.7%減)
・最終利益:4億2900万円(同51.0%減)

主力のゲームサービス事業では、1タイトルのエンディングを行い、2021年9月末時点での運営タイトル数は32となっている。巣ごもり特需の終了による既存タイトルの落ち込みと、新規獲得の遅れにより、前年同期比で減収減益となった。

一方で中長期では国内スマートフォンゲーム市場は堅調に伸び続けており、同社のターゲット市場規模も順調に拡大するものと想定している。同社においても、引き続き、獲得後の長期運営に必要な運営力、新規獲得に必要な競争力・渉外力を強化しながら、主力事業のゲームサービス事業の再成長を目指す、としている。

クラブDX事業では、FC琉球の物販・ファンクラブ事業において、デジタルインフラの構築、業務フローの全体最適化によって、継続的な成果を得ることができている。2021年9月には、滋賀県大津市をホームとするプロバスケットボールクラブを運営する滋賀レイクスターズの株式75%を取得し、FC琉球との取組みで示した同社DX技能を活用しクラブDX事業の横展開を開始した。

ファンタジースポーツにおいては、新たな競技への横展開となる「B.LEAGUE#LIVE2021」を2022年1Qにローンチすることを決定。また、2021年6月にローンチした「プロ野球#LIVE2021」のKPI分析、検証を進めるとともに、22年シーズン向けとなる「プロ野球#LIVE2022」のローンチに向けた準備を進行している。国内のファンタジースポーツ領域のNo.1を目指し、省庁を含めた議論の場への情報提供を行い、適正な国内市場の形成を牽引し、NFTと掛け合わせることで、事業成長を加速させる。


■2021年12月通期の見通し
続く2021年12月通期の業績については、売上高116億円(前期比0.6%増)、営業利益7億5000万円(同33.9%減)、経常利益7億円(同37.3%減)、最終利益6億5000万円(同42.5%減)を見込む。

・売上高:116億円(同0.6%増)
・営業利益:7億5000万円(同33.9%減)
・経常利益:7億円(同37.3%減)
・最終利益:6億5000万円(同42.5%減)

計画に対する進捗率は、売上高68.9%、営業利益71.9%、経常利益73.4%、最終利益66.0%となっている。

・売上高:68.9%
・営業利益:71.9%
・経常利益:73.4%
・最終利益:66.0%

株式会社マイネット
http://mynet.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社マイネット
設立
2006年7月
代表者
代表取締役社長 上原 仁
決算期
12月
直近業績
売上高115億3300万円、営業利益11億3500万円、経常利益11億1600万円、最終利益11億2900万円(2020年12月期)
上場区分
東証一部
証券コード
3928
企業データを見る