【ゲーム株概況(12/28)】国内証券が目標株価引き上げのアカツキが大幅反発 目標株価引き下げのエイチームは軟調 東京通信が安値更新

  • 12月28日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反発し、前日比392.70円高の2万9069.16円で取引を終えた。米国での半導体株指数の上昇を受けて、国内も半導体関連株を中心に買いが先行した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、アカツキ<3932>が大幅反発した。アカツキは東海東京証券が投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を4060円から5850円に引き上げたことが材料視されている。

    また、KADOKAWA<9468>やグリー<3632>などが買われ、大手ゲーム株ではコーエーテクモHD<3635>やコナミHD<9766>などに買いが入った。

    半面、東京通信<7359>が年初来安値を更新し、アピリッツ<4174>やモブキャストHD<3664>などが売られた。

    東海東京証券が投資判断「ニュートラル」を継続し、目標株価を1470円から778円に引き下げたエイチーム<3662>もさえない。

    前日に新株予約権の発行による希薄化懸念から売られたenish<3667>は小幅続落した。

株式会社エイチーム
https://www.a-tm.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社エイチーム
設立
2000年2月
代表者
代表取締役社長 林 高生
決算期
7月
直近業績
売上高312億5200万円、営業利益7億100万円、経常利益8億9500万円、最終利益8億7700万円(2021年7月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3662
企業データを見る
株式会社アカツキ
http://aktsk.jp/

会社情報

会社名
株式会社アカツキ
設立
2010年6月
代表者
代表取締役CEO 香田 哲朗
決算期
3月
直近業績
売上高310億9600万円、営業利益112億9400万円、経常利益111億5200万円、最終利益63億4500万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3932
企業データを見る