【ゲーム株概況(1/18)】アルテリアとeスポーツ関連の合弁会社設立のGameWithが4日ぶりに反発 UUUMは続伸 ワンダープラネットは4日ぶりに小反発

  • 1月18日の東京株式市場では、日経平均は反落し、前日比76.27円安の2万8257.25円で取引を終えた。米長期金利の上昇を受けて、先物主導で国内市場にも売りの動きが波及した。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、UUUM<3990>が続伸し、Aiming<3911>やブシロード<7803>、コムシード<3739>などが買われた。

    また、ワンダープラネット<4199>は4日ぶりに小反発し、カヤック<3904>やギークス<7060>などもしっかり。

    アルテリア・ネットワークス<4423>とeスポーツ領域の新サービス提供を目指す合弁会社GameWith ARTERIAを設立することを発表したGameWith<6552>は4日ぶりに反発した。

    半面、エディア<3935>が続落し、コナミHD<9766>やコーエーテクモHD<3635>、スクウェア・エニックスHD<9684>など大手ゲーム株もさえない動きが目立った。

    前日大幅反発した周辺株のSHIFT<3697>は、岩井コスモ証券が投資判断「A」を継続したものの、目標株価を3万円から2万5000円に引き下げたこともあり、小反落した。

SHIFT

会社情報

会社名
SHIFT
企業データを見る
株式会社GameWith
http://gamewith.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社GameWith
設立
2013年6月
代表者
代表取締役社長兼執行役員 今泉 卓也
決算期
5月
上場区分
東証スタンダード
証券コード
6552
企業データを見る