サイバーエージェント、第1四半期のゲーム事業の営業益は15.1倍の171億円 「『ウマ娘』は一時の流行で終わるのが怖かったが、高い水準で安定している」(藤田晋社長)

木村英彦 編集長
/

サイバーエージェント<4751>は、この日(1月26日)開示した第1四半期の連結決算で、ゲーム事業の売上高が前年同期比94.7%増の583億円、営業利益が同15.1倍(1405.7%増)の171億円だったと発表した。『ウマ娘 プリティーダービー』が大きく貢献した。

オンラインで開催した決算説明会で、藤田晋社長は、「大ヒットした『ウマ娘』が一時的な流行で終わることが最も恐れていたシナリオだったが、(ボラティリティが減り)高い水準で安定してきている」とコメントした。

そして、次の四半期である2月には『ウマ娘』がいわゆる「周年」を迎えることになるため、再び売上と利益が大きく伸びそうだが、「長く愛されるタイトルとしてしっかり運営していきたい」と述べるにとどめた。

 なお、今後の新作タイトルについては、ジークレストの新作『夢職人と忘れじの黒い妖精』を2月にリリースするほか、有力IPタイトルの準備を進めている。アプリボットが『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』、サムザップが『呪術廻戦 ファントムパレード』、GOOODROIDが『東京リベンジャーズ(タイトル未定)』が錚々たる顔ぶれだ。

株式会社サイバーエージェント
http://www.cyberagent.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社サイバーエージェント
設立
1998年3月
代表者
代表取締役 藤田 晋
決算期
9月
直近業績
売上高6664億6000万円、営業利益1043億8100万円、経常利益1046億9400万円、最終利益415億5300万円(2021年9月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
4751
企業データを見る