enish、暗号資産・ブロックチェーンに関連する事業を定款に追加…3月開催の株主総会で決議予定

enish<3667>は、この日(2月15日)、定款の変更案を発表した。今回の変更では、株主総会資料の電子提供制度導入に備えた規程を入れるほか、今後の事業展開と事業内容の多様化に対応するため、事業の目的に暗号資産に関する項目を追加した。

具体的には

・暗号資産及びブロックチェーンに関するプラットフォーム、アプリケーションの企画、開発、運営
・暗号資産の企画、開発、発行及び管理
・暗号資産に関するシステムの提供及びコンサルティング
・資金決済に関する法律による前払式支払手段の企画、開発及び管理並びに資金移動に関する業務

を追加するとのこと。今回の定款変更案については、3月23日開催の定時株主総会で付議、決議する予定。

株式会社enish
http://www.enish.jp/

会社情報

会社名
株式会社enish
設立
2009年2月
代表者
代表取締役社長 安徳 孝平
決算期
12月
直近業績
売上高41億1800万円、営業損益3億3500万円の赤字、経常損益3億7500万円の赤字、最終損益4億1500万円の赤字(2022年12月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3667
企業データを見る