コーエーテクモHD、取締役会の諮問機関として「特別委員会」を設置…支配株主との取引の監視・監督のため

コーエーテクモホールディングス<3635>は、この日(3月15日)、取締役会の任意の諮問機関として「特別委員会」を設置すると発表した。

同社では、支配株主との取引において、少数株主の利益を保護するほか、支配株主との利益相反リスクについて適切に監視・監督し、コーポレート・ガバナンス体制をより一層充実させるため、としている。

委員会は、グループに関する次の事項のうち、取締役会より諮問を受けたものについて審議し、同社グループ各社の取締役会に答申・提案を行う。

(1)支配株主またはその子会社との重要な取引等に関する事項
(2)(1)以外の取締役会が諮問する必要があると認めたガバナンスに関する重要事項

なお、委員は、取締役会の決議によって選定した取締役で構成し、独立社外取締役のみとしている。また、委員会の委員長は委員会の決議により選定する。本日開催の取締役会において、以下の4名を委員に選任した。

取締役(独立社外役員) 手嶋雅夫
取締役(独立社外役員) 小林宏
取締役(独立社外役員) 佐藤辰男
取締役(独立社外役員) 小笠原倫明

コーエーテクモホールディングス株式会社
http://www.koeitecmo.co.jp/

会社情報

会社名
コーエーテクモホールディングス株式会社
設立
2009年4月
代表者
代表取締役会長 襟川 恵子/代表取締役社長 襟川 陽一
決算期
3月
直近業績
売上高603億7000万円、営業利益243億9700万円、経常利益392億9900万円、最終利益295億5000万円(2021年3月期)
上場区分
東証プライム
証券コード
3635
企業データを見る