【ゲーム株概況(4/8)】DMMオンクレのサービス開始接近への思惑でオルトプラスが大幅反発 通期業績予想を増額修正のSHIFTも3日ぶりに大幅反発

  • 4月8日の東京株式市場では、日経平均は3日ぶりに反発し、前日比97.23円高の2万6985.80円で取引を終えた。朝方は自律反発狙いの買いが先行し、一時は2万7000円台を回復する場面もあったものの、一巡後はマイナス圏に沈むなど、やや荒い値動きとなった。

    そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、オルトプラス<3672>が3日ぶりに大幅反発した。オルトプラスは、DMM.comとの合弁会社DMMオンクレのオンラインクレーンゲーム事業の始動が4月中旬の予定ということで、その始動に向けた思惑が先行する形となっているようだ。

    また、ワンダープラネット<4199>やケイブ<3760>、ブシロード<7803>などが買われ、周辺株では前日4月7日に第2四半期決算を発表するとともに、2022年8月期通期の連結業績予想の上方修正を発表したSHIFT<3697>が3日ぶりに大幅反発した。

    不正アクセスの影響はまだ完全解消には至っていないものの、先日、TVアニメ「プリキュア」「ONE PIECE」「ダイの大冒険」「デジモン」の最新話の放送の再開見通しを明らかにした東映アニメ<4816>も3日ぶりに反発した。

    半面、前日まで8日続伸となっていたカヤック<3904>が利益確定の売り物に押され、バンク・オブ・イノベーション<4393>やIGポート<3791>なども売られた。

    サイバーエージェント<4751>やミクシィ<2121>など主力株の一角もさえない。

株式会社オルトプラス
http://www.altplus.co.jp/

会社情報

会社名
株式会社オルトプラス
設立
2010年5月
代表者
代表取締役CEO 石井 武
決算期
9月
直近業績
売上高72億9100万円、営業損益5億5400万円の赤字、経常損益3億4800万円の赤字、最終損益3億8800万円の赤字(2021年9月期)
上場区分
東証スタンダード
証券コード
3672
企業データを見る
SHIFT

会社情報

会社名
SHIFT
企業データを見る