「にじさんじ」で知られるANYCOLORが6月8日に東証グロースに上場 驚異的な成長を遂げているVTuberグループ運営企業

木村英彦 編集長
/

東京証券取引所は、VTuberグループ「にじさんじ」を運営するANYCOLORの東証グロース市場への新規上場を承認した。上場予定日は6月8日。4月決算の会社となるため、いわゆる期越え上場となる。主幹事証券は大和で、市場コードは「5032」となる。公募は5万株、売出しは111万4000株、オーバーアロットメントによる売出しは17万4600株となる。

同社は、VTuberグループ「にじさんじ」を運営している。現在、150名の多種多様なVTuberが所属しており、ライブストリーミングによる双方向性のコミュニケーションを通じて、ファンコミュニティの構築を図っている。さらにグッズ・デジタル商品の販売やイベントの開催等を通じて、VTuberコミュニティの盛り上がりを高めているという。

VTuberグループ「にじさんじ」の展開は、国内だけではなく、現在では英語圏や中国を中心に海外でもVTuberビジネスを展開しているそうだ。各国のネットワークを活かし、VTuberコンテンツを世界へ配信しているとのこと。

同社の収益源は、Super ChatやYouTubeメンバーシップ、Google AdSense収益、コンテンツ販売、イベント開催に伴うチケット収入、タイアップ広告、IPライセンス、メディア出演から構成されている。

直近2021年4月期の決算は、売上高76億3600万円(前の期比119.6%増)、営業利益14億5200万円(同3180.2%増)、経常利益14億5100万円(同3354.4%増)、最終利益9億3700万円(同2789.8%増)と驚異的な成長を達成した。

・売上高:76億3600万円(同119.6%増)
・営業利益:14億5200万円(同3180.2%増)
・経常利益:14億5100万円(同3354.4%増)
・最終利益:9億3700万円(同2789.8%増)

驚異的な成長を遂げた同社だが、2022年4月期においても高い成長を続けている。2022年4月期の第3四半期累計の決算は、売上高101億5900万円、営業利益31億3500万円、経常利益31億3100万円、最終利益20億5900万円となっており、9ヶ月の数字で前期12ヶ月の実績をすでに上回っているのだ。

 売上に占める各領域の比率は以下のとおり。コマースが全体の半数を占めており、ライブストリーミングが23%、プロモーションが19%と続いている。

・ライブストリーミング領域:23.2%
・コマース(コンテンツ)領域:50.0%
・コマース(イベント)領域:7.6%
・プロモーション領域:19.1%

なお、新規上場に伴う手取り概算金は5450万円を想定している。事業拡大のための優秀な人材の採用・育成による体制強化が必要とし、採用費と人件費に充当する予定。想定価格は1490円となっており、これで計算すると時価総額は446億9000万円となる。

ANYCOLOR株式会社
https://www.anycolor.co.jp/

会社情報

会社名
ANYCOLOR株式会社
設立
2017年5月
代表者
田角陸
決算期
4月
上場区分
東証グロース
証券コード
5032
企業データを見る